実はとっても重要!社会を支えるドライバーの仕事

2020年 5月 30日

ドライバーなくして物流なし

ドライバーと一口に言っても仕事の種類は様々ですが、基本的にはタクシーやバスの運転手など人を運ぶサービス、そして宅配便や商品を受け取ったり届けたりする物を運ぶサービスです。ドライバーの仕事はどこか簡単に聞こえてしまう気がしますが、実は社会において必要不可欠なとても重要な役割を担っています。特に物流においては、スーパーなどで売られる食品・日用品を始め、社会にあふれる商品はドライバーがいなければ消費者に届けることができず、またサービスとして成り立ちません。ドライバーの仕事はまさに縁の下の力持ち。消費者に満足を届けるサービスの根底を支えているのです。引っ越し業者のドライバーなど複数人のグループでサービスを行う場合もありますが、それ以外は基本的に運転中は一人。大切な荷物を安全に届ける責任を抱え、指定時間までに到着できるよう、時間配分やルートを考慮することも忘れてはいけません。

ドライバーとしてのキャリアアップ

人を乗せる場合も物を運ぶ場合も、基本として必要なのは慎重さと丁寧さです。一人の乗客、一つの荷物を大切にできる精神こそがステップアップの鍵になります。ドライバーの給料やレベルは大まかに言えば運転する車両が大きくなればなるほどアップします。もちろん車両が大きく特殊になれば必要な資格や運転技術の難易度も上がります。大型免許や牽引免許を取得すれば、トレーラーの運転ができるようになり、扱う貨物の量もぐんと増えます。特殊な免許としては、フォークリフト免許があれば倉庫業務に携わり荷積み・荷降ろしの仕事で活躍できます。これらのどれをとっても慎重さや丁寧さは欠かせません。また、長距離を運転し、貨物の取り扱いができる体力も必要でしょう。

愛知のドライバーの求人は、大型免許などを持っていなくてもお仕事が出来る求人がかなりあります。働き方次第では、月給30万円以上の高収入を得られる会社もあります。