トラックドライバーになろう!仕事には違いがある?

2020年 5月 30日

トラックに限定しても種類は豊富

トラックドライバーになりたいというときにどんな仕事をするのをイメージしているでしょうか。実はトラックドライバーの仕事にはかなりの種類があります。どれを選ぶかによって本当にやりたかったことができるかどうかが左右されるので注意しましょう。トラックに限定しても種類が豊富なので自分に合ったものを探すのが大切です。

トラックドライバーの仕事の種類とは

トラックドライバーの仕事にはどんな種類があるかを具体的に確認してみましょう。トラックドライバーの仕事として典型的なのは長距離輸送の仕事です。物流業者で働くと最もよくある仕事で、ある拠点から別の拠点まで大量の荷物を運ぶ仕事になります。早朝や夜間の輸送になるのが一般的で、距離も数十キロでは済まずに100キロを超えるのが一般的です。一方、エリア内での小規模輸送を担当するトラックドライバーもあります。倉庫から倉庫の移動というのが基本で、数十キロくらいの移動を一日に複数回行うのがよくあるパターンです。

一方、トラックドライバーには拠点から顧客への配送というタイプの仕事もあります。倉庫から大量の荷物を積み込み、契約先になっている顧客の倉庫や店舗などに順次配送するのが仕事です。場合によっては配送先がたくさんあるものの、一か所に配送するだけのこともあります。距離についてはあまり長くないのが一般的ですが、配送先が多いと業務時間は長くなります。基本的にはルートが決まっているのでルーチンで働くことができるのが特徴です。

需要が増加傾向にあるドライバーは数多くの求人が出回っていますが、紙やネットなど利用する媒体で探しやすさが変わります。岐阜のドライバーの求人を探す時は、できる限り多くの媒体を利用することが大切です。