優良企業に入ってバンバン稼ごう!タクシードライバーの面接対策

2020年 5月 31日

タクシー会社の面接でも落ちる?

タクシー業界の人材不足は常に深刻な状況で、有効求人倍率は全職業平均の2倍ほどあります。求人需要が多く比較的転職がしやすい環境が整っているものの、希望すれば誰でも受かるわけではありません。企業は会社を継続させるため利益を生み出し続けなければならず、タクシードライバーに向いていないような人は落とされる可能性もあります。しかし、タクシーの求人は未経験歓迎のものが多いので、キャリアに自信がなくても、面接対策さえしっかりすれば採用される可能性は高いでしょう。

清潔感のある身なりを意識する

タクシードライバーは接客業であるため、第一印象はとても重要です。もしタクシーに乗車した際、ドライバーに清潔感がなく、だらしない服装だった場合、お客さんは不快感を覚えることでしょう。面接官から好印象を得るためにも、清潔感は最も大切です。面接ではスーツを着用し、汚れ、シワや臭いなどがないかをしっかり確認しましょう。髪型は短く整え、髭などはしっかりと剃っておかなければなりません。

向上心の高さをアピールする

タクシードライバーは、努力次第で収入アップが実現できる実力主義の世界です。自己PRなどで向上心をアピールすることで、「この人は熱意があるから、ドライバーとして活躍してくれそうだ」と思ってもらえます。今まで努力したことをエピソードを交えて具体的に説明すると、向上心の高さをアピールできるでしょう。また、「普段から道を覚える勉強をしています」、「タクシードライバーになるために第二種運転免許を取得しました」など、自発的に行動している点を告げることで、「やる気がある」と企業からの評価もアップします。

ドライバーの求人は、民間企業の幹部を乗せる専属運転手や、地域に密着したタクシー会社の運転手まで多数あります。