ドライバーの仕事に興味がある時はメリットとデメリットを確認してみよう!

2020年 10月 5日

ベテランのドライバーは定年を気にせずに働ける

ドライバーの仕事は、運転をする車の種類や勤務先の方針もよりますが、実務経験が豊富なベテランであれば定年を気にせずに働けるといったメリットがあります。特に、中距離や長距離ドライバーが不足している運送会社では、若手のドライバーの教育に力を入れるだけでなく、60代以上のシニアのドライバーを積極的に中途採用しているところも少なくありません。また、経営状態が良い運送会社をはじめとして、正社員や契約社員のドライバーの定年を延長したり、継続して同じ現場で働ける再雇用制度を導入したりするところもあります。なお、ドライバーに支払われる賃金や手当については、会社ごとに大きなバラつきがあります。そのため、求人選びの際に自分の経験を給料の面で評価してくれるところを探してみるのがおすすめです。

ドライバーの在籍数が少ない会社は休日が取りにくい

ドライバーの在籍数が少ない運送会社で働く場合には、シーズンによって一人のドライバーが担当する荷物の量が多くなったり、顧客の数が増えたりすることにより、思うように休日が取れなくなるケースがあります。また、営業範囲によっては長期にわたり自宅に帰ることができなくなったり、高速道路のパーキングエリアなどでの待機時間が長くなったりすることもあるため注意が必要です。最近では、ドライバーの定着率アップに向けて、少なくとも週に一日以上の休みが取れるようにしたり、育児や介護をしている社員の業務負担を少なくしたりしている会社の数が増えています。

京都のドライバーの求人は一般的なドライバーの求人だけではなく、観光タクシーの仕事も募集されていることが多い点が特徴です。このため女性でも活躍しやすく、英会話のスキルが活用しやすくなっています。